既卒、第二新卒、未経験から正社員に! プロの正社員就職サポートなら DYM就職

ニートの女性の末路は悲惨?ニートから脱出する方法をご紹介します

目次

女性がニートになるきっかけ

それでは、そもそもなぜニートになる女性が多いのでしょうか。

仕事をしないということは収入がないということですから、ニートになる人は、収入がなくても生活をすることが可能な環境にいるということが前提になります。女性がニートになる主なきっかけや理由を見ていきましょう。

 

結婚を想定している

一昔前は、女性は結婚をしたら仕事を辞め、家事や育児に専念する「専業主婦」が一般的な形でした。

この価値観から、結婚して専業主婦になることを想定している女性の中には「今仕事を頑張っても、どうせ結婚をしたら辞めることになるから」という理由で仕事につかない女性もいます。経済的な面で自立する必要がないという考え方から、ニート生活を続けてしまうのです。

 

バイトで生活することができる

社員にならずアルバイトやパートとして仕事をしていても、なんとか生活は成り立つものです。特に実家暮らしの人であれば、家賃や食費、光熱費などを負担する必要がないため、むしろ社員で一人暮らしをしている人よりも経済的に余裕があるという場合もあります。

実家に頼った生活をしている人は、短期的な目で見れば、アルバイトとして働いていることに対してリスクを感じることは少ないかもしれません。

 

会社での人間関係がうまくいかなかった

一度はきちんと就職をしたものの、上手くいかないことがあり、退職をしたまま次の仕事へ踏み出せず、そのままニートになってしまったという人もいるでしょう。退職をする大きな原因として挙げられるうちの一つに、「人間関係」があります。

人間関係が理由で仕事を辞めてしまうと、「職場を変えてもまたトラブルがあるのではないか」と働くこと自体に不安を感じてしまい、次の就職へ踏み出せない人も多いでしょう。

 

将来やりたいことがない

将来の夢に向かって仕事をする人がいる一方で、特にやりたいことがなく、何に対しても興味を示すことができないという人もいるでしょう。

どんな仕事に就いたら良いのか迷っているうちに気づいたらニートになっていた、というケースも多くあります。特に、実家に暮らしているなど金銭的な心配のない人は、ニートのまま過ごしていても、問題を感じることなく時間が過ぎていってしまうのです。

 

【20代、30代の女性は注意!】女性のニートが危険な理由

女性がニートになるきっかけを見てきましたが、このままニートでいることには大きな危険が潜んでいるのです。

今は良いと思っていても、このままの生活を続けると後々自分が困ったり、悲惨なことになってしまったりする可能性が高いといえます。未来の自分を守るためにも、ニートでいることの危険性にきちんと向き合っていきましょう。

 

正社員になれなくなる

やりたいことが見つかったり、安定した収入が必要になったりすると、「正社員になりたい」と思うことがあるかもしれません。しかし、ニートでいる期間が長ければ長いほど「きちんとしていない人」と判断されてしまい、採用してもらえない可能性が高まってしまうのが現実です。

また、もし結婚や出産をした後に働きたいと思っても、スキルがなければ採用をしてもらうことは難しいでしょう。正社員に応募するということは、これまで企業で働き続け、現役で活躍している人と比較されるということですから、ニートのままで過ごすことはリスクが高いといえるでしょう。

 

婚期を逃す、結婚できない

「結婚をしたら専業主婦になるから」という考えでニートを続ける人もいますが、将来100%結婚ができるとは限りません。今お付き合いをしている人がいたとしても、今後二人の間にトラブルが起きる可能性も考えられますし、この先どうなるかは誰にもわかりません。

一昔前は「仕事をするのは男性の役割で、女性は家庭に入るもの」という考え方もありましたが、最近は夫婦のあり方に変化があったり、そもそも結婚をしない女性も増えたりしています。結婚をするつもりでニートを続けている人は、もしも結婚ができなかった場合に非常に困ることになるのです。

 

友人と話が合わなくなる

あなたがニート生活を送っている間にも、多くの友人たちは社員としてバリバリ働いていることでしょう。日々の生活が大きく違ってくると、次第に友人と話が合わなくなってしまいます。友人たちが仕事の話で盛り上がっている間、あなただけ話に入れなくなってしまい、孤独を感じることになってしまうでしょう。

頑張っている話やキャリアアップをしたという話を聞けば、友人を魅力的に思うと同時に劣等感を感じ、素直に祝えなくなってしまうなど、悲しい状況に陥ってしまうのです。友人たちも、そんなあなたに対して会いたいと思ってくれなくなってしまう可能性もあります。

 

悲惨な末路を辿る可能性が高くなる

収入もなく、仕事の経験やスキルもないとなると、経済的に支えてくれている人に全面的に頼ることになってしまいます。そのままのニート生活を続けているうちに、結婚できなかったり、頼っていた実家の両親に頼れなくなったりするなど経済的に支えてくれる人がいなくなってしまうと、最悪の場合ホームレスになってしまうという危険性もあります。家族や友人、子供がいないままの孤独な人生を歩むことになり、最終的には誰にも看取られずに亡くなってしまうという、悲惨な末路を辿る可能性も高くなるのです。

30代、40代の高齢ニートの女性は赤信号!

ニートにはリスクがあるといっても、まだ20代のうちは、やりたいことに夢中になっていたり、両親がまだ若く、経済的に支えてくれたりという人も多いでしょう。

しかし、30代、40代になってもニートを続けている人は非常に危険だと考えてください。ニートでいる期間が長ければ長いほど採用をしてもらうことが難しくなりますし、体力を使う仕事の多い派遣やアルバイトでは、若い人を優先的に選ぶというケースもあります。

両親も年齢を重ね、収入がなくなるという人も多いため、周りに頼れる人もどんどんといなくなってくるでしょう。

ニートにはこんなリスクも……

ニートでいることは、将来を考えた時にリスクがあるというお話をしてきました。それでは、今の生活はいつまで続けていられるでしょうか。今日は普通の生活ができていても、明日にはその生活が崩れるかもしれません。支えてくれる人がいなくなったり、突然大きなお金が必要になったりするケースも十分に考えられますよね。どんなリスクがあるのか、具体的に見ていきましょう。

 

両親が亡くなる

やはりニート生活をしている人に多いのが、実家の両親に頼っているというケースです。

しかし、その両親がいつまでも健康なままでいてくれるかどうかはわかりません。交通事故などで突然命を落としてしまう可能性もありますし、年齢を重ねるごとに病気にかかったり、亡くなってしまったりというリスクは高くなっていきます。

両親が亡くなってしまったら、金銭的な支えがなくなることであなたが生活できなくなるだけでなく、葬儀などには多額のお金がかかるため、借金を抱えてしまうというリスクもあるのです。

 

両親が定年で収入が少なくなる

亡くなってしまうとまでは言わずとも、両親が定年を迎えれば収入は年金だけになり、今までよりも収入がぐっと少なくなるケースが多いでしょう。

これまであなたを金銭的な面で支援してくれていたとしても、収入が減ったことであなたへの支援が難しくなったり、家にお金を入れてほしいと言われたりする可能性が高くなります。いくら両親といっても、いつまでも頼ることはできないと考えた方が良いでしょう。

 

病気になる

あなた自身も、いつ病気にかかったり事故に合ったりするかわかりません。入院や治療が必要な場合には、一度に大きなお金が必要になります。

また、両親が病気にかかったり介護が必要になったりという時も、同じようにお金がかかりますが、「お金がないから」という理由で治療が受けられないなどということは避けたいですよね。いつ何があるかわからないからこそ、事前に備えておくことが重要なのです。

 

ニートの女性が悲惨な末路から脱出する方法

さて、ここまでは、ニートでいることのリスクを解説してきました。「ニート生活はやめた方がいいかもしれない」「何か始めてみようかな」という気持ちになった人が多いのではないでしょうか。そんな人がすぐに行動できるように、最後にニートから脱出する方法をお教えします。悲惨な末路を辿ることがないよう、早速ニート脱出の準備をしていきましょう。

 

転職エージェントからアドバイスをもらう

「仕事をしてみよう」と思った人には、まず転職エージェントからアドバイスをもらうことをおすすめします。ニートを続けていると、どんな仕事に応募すれば良いのかわからない人が多いと思いますが、転職エージェントでは、ニートをしていた人でも好意的に受け入れてくれる企業や、前向きに自己PRするコツなどを紹介し、サポートしてくれます。

いきなり就職をすることはハードルが高いと思いますので、まずは専門的な知識を持っている転職エージェントで、就職に関するアドバイスをもらってみましょう。

 

アルバイトを始める

いきなり社員になるのは不安という人は、アルバイトから始めてみるのも良いでしょう。

仕事の内容は社員と異なるとはいえ、職場という環境に慣れたり、人間関係を構築したりできるため良いリハビリ期間として良い機会になります。アルバイトであればニートの期間があっても採用される可能性は高く、まず一歩踏み出したいという人には良い選択といえます。

 

資格を取得する

今後就職をするために、まずは資格を取得するというのも良いでしょう。特に、過去にこれといった仕事の経験やスキルがない人は、一つ専門的な資格に挑戦してみることをおすすめします。どんな仕事に就きたいのかを決め、仕事で直接活かせる資格を取得してみましょう。

資格を持っていると、ニート期間も「勉強のための時間」と捉えてもらうこともできますし、知識もあるということから、就活に有利になります。

 

まずは規則正しい生活を送ることから始めよう!

ニート生活を続けていると、常に時間を自由に使うことができるため、昼夜逆転になったり食事の時間がばらばらだったりと、不規則な生活をしている人が多いかもしれません。

そんな人は、社会に復帰し仕事を始める前提として、まずは規則正しい生活を送ることからスタートしてみましょう。規則的な生活をしていると健康になり、気持ちも前向きになるものです。社会に出てスムーズに仕事を始められるようになるために、まずは生活をもう一度見直してみてくださいね。

まとめ

さて、ニートでいることに不安を感じている女性に向けて、ニートでいることのリスクと、その生活から脱出する方法を解説してきました。今の生活を見直し、一歩を踏み出そうと感じてもらえたでしょうか。ニートでいることはリスクが高いとお話しましたが、今ニートでいることが絶対に悪いことというわけではありません。

前向きに行動を起こすことができれば、明るい将来が待っています。自分を否定せず、不安がある人は転職エージェントなどに頼りながら、自分のペースで将来に向き合っていってくださいね。