既卒、第二新卒、未経験から正社員に! プロの正社員就職サポートなら DYM就職

フリーター(無職、ニート)の職務経歴書の書き方|職歴がない人はどうすればいいの?

要点:

・フリーターやニートでも、職務経歴書で印象を変えることができる!

・フリーターやニートは、自己PRによって内定が大きく左右される!

・自己分析やエージェントへの相談で、内定率を高めよう!

 

非正規社員として働くフリーターや、そもそも仕事をしていないニートの人が正社員就職したいと考えた時、「職務経歴書」の書き方で悩む人も多いかと思います。

 

職歴がない場合はどのように記載したら良いのか、フリーターやニートは何をアピールすれば良いのか、正社員の就活をしたことがないとなかなか難しく感じますよね。

 

そこで、この記事では、フリーターやニートの職務経歴書の書き方について解説していきます。職務経歴書に関する基本的なことから、フリーターやニートが内定率を高める方法までお話していきますので、正社員就職を目指しているフリーター・ニートの人はぜひご覧ください。

 

目次

フリーター(無職、ニート)は職務経歴書で職歴が書けない……。

職務経歴書とは、これまでの自分の職務とそれによって身に付いたスキルや知識をアピールするためのもので、就活をする際提出する基本的な書類です。

 

そもそも仕事をしていなかったニートの人は職歴が書けないのも当然ですが、実はフリーターとしてアルバイトやパートをしていた人も、職務経歴書にその仕事を正式な「職歴」として記載することはできません。正社員の就活では、非正規での仕事は職歴として認めてもらうことができないのです。

 

中には、「普通のアルバイトよりしっかり仕事をしていたのに!」と思う人もいるでしょう。しかし、どんなに長い間勤務して職場に貢献していても、正社員をしのぐほどの活躍をしていたとしても、フリーターの間にしていた仕事は「ゼロ」になってしまうのが現実なのです。反対に言えば、どんなに適当に仕事をしていても、正社員として勤めていれば立派な職歴として職務経歴書に記載することができます。

 

職歴をアピールするための職務経歴書なのに、そもそも職歴が無いのでは書きようがありませんよね。しかし、フリーターやニートでも工夫して職務経歴書を書くことはできますので安心してください。これから、その理由や方法について解説していきます。

フリーター(無職、ニート)でも職務経歴書で印象が変わる!

アルバイトやパートの仕事は正式な職歴にカウントされないとお話しましたが、フリーター時代の仕事を職務経歴書でアピールする価値は十分にあります。

 

特に、これまで正社員の経験がなくともアルバイトを長く続けて頑張っていた人はそのことをアピールしたほうが良いですし、志望する企業の業界に関わるアルバイトをしていた人などは、専門的な経験を存分にアピールすると就活の成功率が高くなります。

 

早速、職務経歴書にアルバイトやパートの経歴を書きたい人に向けて、具体的にどのように書いていけば良いのかを解説していきます。

フリーター(無職、ニート)の職務経歴書の書き方

フリーターがこれまでの経験を効果的にアピールするには、主に2つの方法があります。1つは、自分の残した成果や印象的な出来事についてポイントを押さえてアピールする方法、もう1つは時系列に沿って仕事の経歴をアピールする方法です。

 

まず、ポイントを押さえてアピールしたい場合は、志望している企業がどのような人材を求めているのかを把握し、そこに合致するようなエピソードをピックアップするのが効果的です。例えば、成果にコミットできる営業職を募集している企業であれば、成果に向けて努力し実績を残したアルバイトでの経験をアピールすることが良いでしょう。

専門的な職種を志望する場合は、これまでの専門性をしっかりアピールしてみてください。

 

時系列に沿って経歴をまとめる場合は、アルバイトの中でどうキャリアアップしてきたのか、流れが分かりやすいように記載していきましょう。

「このタイミングで評価されて現場チーフになった」「○年目で実績を残してバイトリーダーになった」など、あなたが活躍しているイメージを企業が持ちやすいように工夫してみましょう。

 

職務経歴書の項目を理解しよう

職務経歴書を書く際のポイントを押さえた所で、実際に職務経歴書にはどのような項目があるのかを見ていきましょう。

職務経歴書の項目には特に決まりがなく必要な項目を自分で決めることができますが、ここでは一般的な項目をご紹介します。どの企業へ提出する場合も、これらについては基本項目として記載することをおすすめします。

 

概要

忙しい人事担当者が一目見て概要を理解できるように、職務経歴書全体の内容について5行程度で簡潔に記載しましょう。

職務経歴書は文字が多く長文の物になりやすいですが、結論を先に伝えておくと言いたいことが伝わりやすくなります。その職務経歴書で何をアピールしたいのか、伝えたいことを短文でまとめましょう。

 

職歴

概要で全体をまとめたら、ここからは詳しい情報を記載していきます。まずは、これまでの職歴を書きましょう。

先ほどもお伝えしましたが、アルバイトやパートでも、アピールできる内容がある場合は記載することをおすすめします。

 

仕事内容や成果が明確に伝わるように、以上の項目に沿って順番に記載していきましょう。

 

職歴を書く際は、まずは所属していた企業についての情報を記載します。

・企業名

・事業内容

・資本金、売上高など

 

次に、その企業で自分がどのように働いていたのかを説明しましょう。

・在籍していた期間

・所属部署

・役職

・仕事の内容

・実績、評価

・その他の取り組み内容

 

所有資格、スキル

資格を保有している場合は、資格の正式名称とレベル(1級、上級など)を記載してください。中途採用においては所有資格を重視している企業もありますので、有利になる可能性があるものは全て書くようにしましょう。

また、スキルについても持っているものは全てアピールしましょう。アルバイトで身に付けたスキルはもちろん、ワードやエクセルなどの基本的なパソコンスキルや語学力など、仕事に活かせそうなものはここでアピールしてしまいましょう。

 

自己PR

フリーターやニートの人に力を入れてほしいのが、この自己PR欄です。

自己PPについてはこの後詳しくお話していきますが、この自己PRはこれまでの職歴に関係なく、その人の人間性や意気込みをアピールできる項目です。フリーターやニートという経歴を覆すつもりで、企業にとって魅力的な自己PRを書いていきましょう。

 

自己PRでは、以下の項目を押さえて記載すると良いでしょう。

 

・志望動機

・自分の強み

・就職後自分が貢献できること

フリーター(無職、ニート)は自己PRで内定が大きく左右される!

職務経歴書においては、職歴以外に「自己PR」も大切な項目になります。職歴だけを見れば正社員経験のある人には劣るかもしれませんが、人間性志望動機をアピールする自己PRでは、フリーターやニートでも十分に評価される可能性があります。

 

まずは、あなたの人間性や強みに関して存分にアピールしてみましょう。知識やスキルも大切ですが、そもそもどういう価値観を持った人間であり、人生においてどんな目標を持っているのかということは、仕事をする上で全ての基盤となってきます。

これまで夢を追うための手段としてフリーターをしていた人であれば、その夢について語ってみるのも良いでしょう。

 

志望動機では、なぜその仕事がしたいのか、なぜその会社で働きたいのかという思いを素直にぶつけてみましょう。

仕事への思いや熱量は、これまでの職歴とは関係ありませんよね。中には熱量の多さや意気込みの強さを大切なポイントとして採用活動をしている企業もありますので、アピールの場だと思って思いをぶつけてみてください。

フリーター(無職、ニート)の内定率を高める方法

ここまでは、フリーターやニートの職務経歴書の書き方やポイントについて解説してきました。職務経歴書で効果的なアピールをし、正社員就職をつかみ取りたいと思っていただけたのではないでしょうか。

最後に、記事の締めくくりとして、フリーターやニートが内定率を高める方法についてお話していきます。今できることをやり、正社員の内定を確実にゲットしましょう。

 

自己分析をする

職務経歴書に記載する自己PRや面接において自分の強みを効果的にアピールするには、「自己分析」をすることが重要です。そもそも自分はどんな価値観を持っており、どんな所で他の人より長けているのかということを日常生活で深く考えることはあまりないかと思います。

 

そこで、まずは自分についてよく知るために自分を分析してみましょう。

 

自己分析をする際は、過去に自分が決断をした出来事に沿って考えるとやりやすくなります。「あの時なぜあの選択肢を選んだのか」ということを考えてみると、あなたがどんな価値観を持っているのが見えてきますよ。

 

 

業界研究をする

「なぜその会社で働きたいのか」という志望動機を明確に伝えるには、そもそもどのような業界があり、業界の中でもその会社がどのようなポジションにいるのかを知らなければなりません。「なんとなく興味を持ったから」という志望動機の人を採用する企業はありませんよね。

 

業界内での立ち位置や競合他社との違いを知り、なぜその会社でないとだめなのかを言語化できるようにしましょう。

 

エージェントに相談する

フリーターやニートから正社員就職を目指す人は、元々正社員として働いている人よりも不安が大きいと思います。初めて正社員を目指す人であれば、分からないことが多くなおさら心配ですよね。分からないことは、やはり専門家に相談するのが一番です。

 

就職エージェントなら、あなたに合った仕事を紹介してくれるだけでなく、自己分析の仕方や職務経歴書の記入方法など、就活全般に関する悩みをサポートしてくれます。困ったときは、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

 

とにかく応募する

確実に内定をゲットするためには、とにかく行動してみることをおすすめします。今は人手不足なこともあり、多くの企業が新しい人材を募集しています。

特に若者であれば未経験者でも引く手あまたで、経歴がなくとも沢山応募すれば内定をゲットすることができる可能性が高いと考えられます。

 

えり好みしていては、いつまでも正社員になることができずフリーターやニートの期間が伸びていってしまいます。経験したことのない仕事でも恐れることなく、まずは応募して話を聞いてみることから初めてみてくださいね。

 

まとめ

この記事では、正社員就職を目指しているフリーターやニートの人に向けて、職務経歴書の書き方やポイント、フリーターやニートが内定率を高める方法をお話してきました。

 

フリーターやニートでも職務経歴書を工夫することで効果的にアピールできるということや、内定率を高めるためにできることはたくさんあるということをご理解いただけたでしょうか。

この記事でお話したことを参考に、正社員就職に向けて頑張ってくださいね。