既卒、第二新卒、未経験から正社員に! プロの正社員就職サポートなら DYM就職

ニートやフリーターにおすすめの資格はなに?資格次第で給与が逆転するかも……

ニートやフリーターでいる期間が長いと、それだけ就職に不利になりますし、経験も実績もないため、働き口がなかなか見つからないということも多いです。そこで少しでも就職で役立つようにと資格取得を考える方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、取れそうな資格を闇雲に取っても、あまり意味がありません。なぜなら資格を持っていれば必ず就職できるとは限らないからです。そこで今回はニートやフリーターにおすすめの資格を厳選しました。

 

これを読めば、あなたに必要な資格がなにかがわかるでしょう。

 

目次

ニートやフリーターにおすすめの資格10選

就職するために資格取得を考えるニートやフリーターの方が多いのですが、実際にどのような資格を取得すべきなのでしょうか。

資格の中には就職活動で必要のないものがありますので、闇雲に探しても意味がありません。まずはおすすめの資格をチェックしてみましょう。

 

普通自動車免許

色々な職種で必要とされる普通自動車免許。外回りの多い営業職はもちろんのこと、なにかと必要になる普通自動車免許は持っておくのがおすすめです。

特に地方の企業に就職する場合は、車通勤になる可能性も高いです。仕事中に外出することが多い職種であれば自動車免許が必須になるでしょう。

 

自動車学校へ行かずに試験を受けると、受験料は5,150円になります。自動車学校を卒業すれば、技能試験が免除になりますので、自動車学校に入ったほうがいいのですが、学費が20万円~30万円程度かかるため、ニートやフリーターの方には大きな出費となるでしょう。

 

TOEIC

近年グローバル化が進んでいるため、英語能力が高い人を歓迎する企業も多いです。特にTOEICは英語の能力をスコアで証明できるため、多くの企業が参考にしています。

 

試験は年10回行われており、受験料は5,725円です。リスニングとリーディングの試験で、マークシート形式での回答になります。

就職の際の目安となるスコアは最低でも600点、英語を使う仕事であれば730点から800点以上が目安になるため、決して簡単な試験ではありません。

 

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)

 

これは、仕事で使用することが多いマイクロソフト・オフィスを使いこなせるかどうかを証明することができる資格です。全部で5種類の試験があり、バージョンによって内容が異なります。最新バージョンの2016年の場合は1科目10,584円です。試験はコンピューターを使って回答するCBT方式で行います。

 

MOSのすべての資格に合格する必要はありませんが、Word、Excel、PowerPointは合格しておいたほうがいいでしょう。ただし、3種類受験でも3万円以上かかりますし、ソフト自体を購入すると37,584円かかるため、自分の財布と相談してから決めたほうがいいでしょう。

 

日本漢字能力検定

漢字の能力を証明できる資格で、1級から10級まであります。社会人として最低でも2級は取得しておいたほうがいいでしょう。受験料は2級で3,500円になり、CBT試験であれば年中申し込みを受け付けていますので、いつでも受験をすることができます。

 

現代はスマホやパソコンで簡単に文字を変換できるため、漢字が書けないという大人も多いです。だからこそ正しい漢字を覚えておく必要があるのです。

 

基本情報技術者

基本情報技術者とはコンピューターの知識を幅広く習得できる資格で、IT関連の企業に就職する方の入門的な資格です。そのため、取得しておけば、IT業界への就職を考えている方はもちろんのこと、そのほかの業種でも強みになるでしょう。

 

試験は年2回行われ、受験料は5,700円です。プログラミングやアルゴリズムなど専門分野の問題もありますので、1から勉強する場合、時間を長めにとる必要があるでしょう。

 

秘書検定

秘書を目指すなら必須の資格です。電話応対やビジネスマナーなどについて出題されます。

1級~3級まであり、秘書を目指すのであれば、面接のある準1級以上が望ましいです。1級と準1級は年2回試験があり、1級の受験料は6,500円、準1級は5,300円です。

 

日商簿記

経理処理や会計業務などに役立つ資格です。決算書の作成や経営内容の把握ができます。

就職活動でアピールするのであれば、2級以上の取得が望ましいです。試験は2級なら年に3回あり、4,630円となります。ちなみに2級の試験を受験していなくても1級を受験することができます。

 

ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定

お金に関する知識が問われる資格で、ライフプランニングや相続、不動産などの問題が出題されます。特に保険業界や金融業界に興味がある方であれば取得しておくとアピールになります。最低でも2級は取得しておきましょう。

 

試験は年3回で筆記と実技があり、受験料は2級で筆記が4,200円、実技が4,500円です。なお実技は計算問題もあります。また、受験するには3級に合格していなければならないなど条件もありますのでよく確認しましょう。

 

宅地建物取引主任者

不動産業界に就職する際に取得していると望ましい資格で、新卒採用の場合は就職後に取得することがほとんどの資格ですが、ニートやフリーターは先に取得しておいたほうがいいでしょう。取得した知識は不動産業界だけでなく建築業界や金融業界でも役に立つでしょう。

 

試験は年1回あり受験料は7,000円です。ファイナンシャル・プランニングと合わせて取得するのがおすすめです。

 

社会保険労務士

社会保険労務士は、企業の労務管理や社会保険に関する相談や指導を行うことができます。人事部の仕事に興味がある方は取得しておくと大きな強みになります。また、独立開業を将来的に選択できるようになります。

 

試験は年1回あり、9,000円です。ただし、受験するには大学卒業などの条件があります。国民年金法や労働基準法など多くの法律を覚えなければならず、最低でも7ヶ月は勉強期間をもうけたほうが良いでしょう。合格率も10%未満と低く狭き門となっています。

資格次第では給与の大幅なアップが見込める!

取得した資格次第では給料が大幅にアップする可能性があります。企業によっては取得した資格に対して手当が支給されることもあり、給料の大幅アップが見込めます。

特にニートやフリーターで定職に長い期間就いていない人には、アピールできる実績がありません。資格はスキルを証明するものになりますので、仕事でも給料を上げる指標となるでしょう。

 

また、資格の有無が就活の合否につながる分かりやすい例として運転免許が挙げられます。

 

そもそも車を運転できないと、エントリーすらできないという仕事も多くあります。このように、仕事によっては特定の資格がないとできない仕事もありますので、先に取得しておきましょう。

すぐに収入を増やしたい人はどうすればいいの?

ただ、資格を取得したからと言ってすぐに収入を増やせるとは限りません。そのため、資格取得以外にも実践すべきことがあります。

 

正社員になる

まずは正社員になることが必須です。アルバイトで働いている人は就職活動をしたり、アルバイト先の正社員登用制度を利用したりするなどの選択肢があります。

 

ただ、ニートの場合、就職するまでの期間が長ければ長いほど企業側は評価してくれません。そのため、いきなり正社員を目指そうとしても難しいですので、アルバイトなどどんな形でも働き続けることが大切です。

 

労働時間を増やす

アルバイトの場合は労働時間を増やせば増やすほど給料はもらえますので、すぐに収入を増やしたい場合は、労働時間を増やしてみるのもいいでしょう。

 

しかし、正社員のように安定はしていないので、急な病気などで休んでしまうとその分給料が減ってしまいます。

 

そのため、できれば正社員になれるように就職活動をしつつアルバイトをするといいでしょう。

 

支出を減らす

収入を増やすのではなく支出を減らすことも大切です。一度1ヶ月の支出を見直して、削れるところは削るようにしましょう。

 

例えば、コンビニ弁当が多いなどであれば、自炊するようにする、また、スマホを格安スマホにするなど節約をして支出を減らしましょう。

【資格=すごいではない!】どの資格を取得するのかが重要!

資格を持っていると就職に有利になることは確かですが、ただ資格を持っているからすごいというわけではありません。取得した資格が多い人はすごいというイメージがありますが、仕事で使えなければあまり意味がありません。

 

「とりあえず資格を取る」のではなく、就職したい業種で必要な資格を取得する必要があります。

 

そのため、自分がどの業種、どの職種に就きたいのかを明確にしてから資格取得を考える必要があるでしょう。

どの資格を取るべきなのかも含めて専門家に相談してみよう!

もしどの資格を取るべきなのか迷ったら専門家に相談してみるのもいいでしょう。「転職アドバイザー」という専門家がいますので、実際にどんな資格を取ったらいいのか聞いてみましょう。

 

ニートやフリーターでも就職する気があるのであれば、親身に相談に乗ってもらえます。相談をしているうちに自分にはどの職が合っているのかを知ることができますし、資格取得に関するアドバイスももらうことができます。

 

まとめ

ニートやフリーターが就職するのは非常に大変です。中途採用は特に即戦力を必要としていることも多いため、経験が無ければ書類選考で落とされてしまいます。そこを補うためにも、資格取得は非常に大切なものです。

 

また、資格取得をするために行った努力と取得できたという結果はあなたにとって大きな自信になりますので、自分の人生を変えるためだと思って頑張ってみましょう。

 

まずは自分のやりたいことを見つけて、それに合った資格取得に向けて頑張っていきましょう!