既卒、第二新卒、未経験から正社員に! プロの正社員就職サポートなら DYM就職

ニートが起業するメリット、デメリット|事前準備はなにをすればいいの?

要点:

  • ・ニートが起業すると、一発逆転の可能性も!
  • ・しかし、ニートからすぐに起業すると失敗してしまう可能性が高い…
  • ・一度正社員として働くことで、スキルや経験を身に付けよう!

 

 

仕事を始めようと思いながらも、なんとなくニートを続けてしまっていると、就職への腰が重くなってしまうかもしれません。ニートをしていた人として会社に就職しても職場に溶け込めるのか、失敗してしまうのではないかという思いから、なかなか就活に踏み出せない人もいますよね。

 

 

中には、会社に就職せずに自分で起業する道を考えている人もいるかと思います。そこでこの記事では、ニートが起業するメリットとデメリット、そしてニートが起業して成功するためのポイントを解説していきます。

 

 

ニートを抜け出す策として起業を考えている人は、参考にしてみてくださいね。

 

目次

ニートが起業するメリットとは

まずは、ニートが起業することのメリットを見ていきましょう。

 

ニートは社会的にも信用してもらいづらく、当然収入もありませんが、作った会社がうまくいけば一発逆転の可能性もありますよね。具体的なメリットを見ていきましょう。

 

成功すれば、大きな収入を得ることができる

「一発逆転」という言葉を使いましたが、まさにこの言葉の通りで、起業がうまくいけばゼロから一気に収入を増やすことも可能になります。

それまで羨望のまなざしで見ていた企業勤めの会社員を、はるかに超える額を稼げるかもしれません。

 

新しく作ったビジネスモデルがヒットすれば、そこからどんどんと会社を大きくしていき、ゆくゆくは大企業の社長に、ということもあり得なくはありませんね。

 

ニートが起業して成功すると、その収入額はがらりと変わります。

 

起業のために使える時間が多い

会社に勤めている会社員が起業をしたいとなると、日々の忙しい業務の合間を縫ってその準備をすることになります。起業をするにはビジネスモデルを考案するところから、マーケット調査、売り上げの設計など様々なフェーズが必要になるでしょう。開業するには手続きも必要になりますね。

 

会社員が起業の為に時間を使えるのはせいぜい1日数時間といったところだと思いますが、ニートは1日の時間を自由に使うことができるため、会社員の何倍もの速度で起業への準備を進めることができます。

 

時間の観点で見ると、ニートは会社員よりも起業するのに有利ということになります。

 

周りから信用されやすくなる

「ニート生活をしている」と話すと、両親や友人、恋人からは決して好意的な視線を向けられず、世間的にも「だらしない」「働いた方が良い」という風潮があるため、引け目を感じやすいですよね。

 

働けない事情があってやむを得ずニートになる人はもちろん例外ですが、働く元気があるのにもかかわらずダラダラと生活していると、友人や恋人は離れていってしまうかもしれません。

 

しかし、起業をして「ニート」から「社長」というポジションになると、イメージは一気に良くなります。もちろん赤字では困りますが、起業をするということは一定の責任が伴いますから、積極的に働こうという意思だけでも伝わるはずです。

ニートが起業するデメリットとは

さて、ニートが起業するメリットを見てきましたが、反対にデメリットにはどんなものが挙げられるでしょうか。

 

ビジネスが成功すれば一発逆転にもなりますが、やはり起業は簡単なことではなく、逆に言えば失敗した時のダメージも大きくなります。

ニートが起業するデメリットを具体的に見ていきましょう。

 

出せる資金に限界がある

ニートが起業をすることを「簡単」とは言えない理由の一つに、資金が圧倒的に少ないということが挙げられます。一般的な起業は初期の資金ありきでスタートしますが、ニートの場合はそれまで仕事をしていないため、多くの場合起業のための資金がありません。

 

資金がないと、社員を雇うこともオフィスや必要機器などを揃えることもできず、ビジネスの基盤を作ることが難しいため、起業の難易度は一気に上がります。

 

銀行からの融資という選択肢もありますが、そもそもお金を借りるには「社会的信用」が必要です。ニートは収入も生活も安定していないとみなされ、お金を貸してもらえる可能性はかなり低いと考えた方が良いでしょう。

 

両親がお金持ちで大金を投資してくれるという人がいれば話は別ですが、起業にはある程度の資金が必要になることも覚えておきましょう。

 

取引先に信用してもらいにくい

 

上記で「社会的信用」について触れましたが、これはお金を借りる時以外にも大切になってきます。

 

ニートをしていると、賃貸住宅を借りることも断られてしまうケースが多いことはご存知かもしれませんが、オフィスを構える資金が仮にあったとしても、場所を貸してくれる人がいないというパターンもあり得ます。

また、いざビジネスを始めようと思っても、「ニートをしていた人が設立した会社」と知れば、ビジネスパートナーとして信用してもらうことは難しくなってしまうでしょう。

 

また、ビジネスパートナーもそうですが、そもそもビジネスは顧客無くしては成り立ちません。ニート期間があったことで、顧客獲得にも苦労することが予想されます。

 

失敗すると自己破産してしまう

資金力のなさや社会的信用の低さから、ニートが起業をしても失敗に終わってしまう可能性が高いということをお分かりいただけたかと思います。

 

起業を失敗したニートの先に待ち受けているのは、「自己破産」の道です。

自己破産とは、あまりに借金が大きくなりすぎてしまい、生活が成り立たない程の状況になってしまった時、全ての借金を「ゼロ」にするという手続きです。

 

自己破産の手続きをすれば、一生借金生活という道からは逃れることができますが、ブラックリストに登録されてお金の借り入れが一定期間一切できなくなってしまったり、住所氏名が公表されてしまったりと、その後の人生に大きなダメージを与えることになります。

 

ここまでいくと、ニート生活をしていた頃より更につらい毎日を送ることになってしまいます。

ニートの起業は失敗することが多い!

さて、ニートが起業することについてメリットとデメリット両方の側面からお話をしてきましたが、結論として、やはりニートの起業は失敗することが多いと考えた方が良いでしょう。

 

ここで挙げたような「資金力や社会的信用が低い」ということだけでなく、そもそも会社員として働いてきた人達よりもスキルや経験の面で劣っているのは確かです。

 

時折「ニートから大企業の社長に!」といった話を耳にすることがあるかもしれませんが、そういう場合はだいたいかなりの高学歴だったり、前職で専門的なスキルを身に付けていたりと、元々ハイスペックな一握りの人たちです。

 

一部の例外を除けばニートの起業は失敗することが多く、ニートからいきなり起業を目指すのは、非常に難易度が高いと考えた方が良いでしょう。

 

ニートが起業して成功するための方法

ニートの起業は失敗することが多いとは言っても、「ニートは起業を諦めなければいけない」ということではありません。

 

すぐに起業に着手するのではなく、十分なスキルや知識を身に付けてから起業に踏み出すという手もありますよね。ニートが起業して成功するための方法について、一つずつご紹介していきます。

 

社会人になって経験を積む

社会的な信用や起業に必要な資金を蓄えるには、自分が一度会社員として働くのが一番手っ取り早い方法です。

 

正社員になると社会的信用は一気に高まりますし、毎月安定してお給料を得ることができるため、起業資金を貯金することもできますよね。

 

また、会社員として経験を積めばビジネスへの理解も深まり、仕事に携わることで会社から経営のノウハウを学ぶこともできるでしょう。会社員としてビジネスの現場を実際に経験していれば、知識のないニートの状態で起業するよりもビジネスの成功率がぐっと高まりますよね。

 

いきなり起業するのではなく、まずは会社員として経験を積んでみてからでも遅くはないのではないでしょうか。

 

専門的なスキルを身につける

周りと同じことをやるだけでは価値を生み出すことはできないため、起業を成功させることができません。つまり、起業をするには何か専門的なスキルや知識が必要になります。

 

既に起業したい分野が決まっているのであれば、そこに活かせそうな専門スキルを学んでみるのはいかがでしょうか。

 

実は、専門的なスキルを手に入れる最も確実な方法は、一度企業へ就職し社会人としての経験を積むということです。いきなり起業することは難しくても、会社員として就職するのであれば未経験から専門的な仕事に就ける可能性もあり、その会社でノウハウを学ぶこともできますよね。

 

「独学で習得した」と言うよりも、「企業で○○の仕事を専門的にやっていました」という方が、社会的には信用されやすいのも事実です。

 

起業している人に話を聞きにいく

自分一人の考えで起業を推し進めると、視野の狭さから失敗してしまう可能性も考えられます。経験のないことを一人でやろうとして成功する人はあまりいませんよね。

 

起業について一人で考えている人は、起業をする上での基本的な流れはもちろん、起業するコツや今考えているビジネスモデルの妥当性などに対して他人からアドバイスをもらうのがおすすめです。

 

実際に起業をしている人が周りにいる場合は、なぜ起業に成功したのか、コツは何なのかを先人から学び、自分のビジネスにフィードバックしてみましょう。

 

専門家に自分の強みを分析してもらう

せっかく起業するのであれば、自分の強みを活かして成功したいですよね。スキルや経験とは別に、人間は誰しも強みを持っています。ニートをしている人でも、人間としての強みは必ずあるはずです。

 

自分の強みを知り最大限に活かしたいという人は、専門家に相談して自分の強みを分析してもらうのはいかがでしょうか。

自分の強みを把握していると、そのビジネスのどこで他と差をつけられるのかという方向性も見えてきます。

 

その相談先としておすすめなのが、就職エージェントです。

仕事をするうえでその人の強みは何なのか、どのような分野で活かされるのかということについて、専門的な視点からアドバイスをもらうことができますよ。

 

スキル、経験は正社員で働くことで身につけられる!

ニートが起業に成功するための方法としてお話してきましたが、やはり一番確実な方法は「一度正社員として働くこと」です。起業をするにはスキルや経験は不可欠であり、それを身に付けるのに有効なのは、ビジネスの世界に自ら身を置くことでしょう。

 

一度正社員として働いてから、起業を目指すのでも遅くはありません。起業を成功させたい人は、まずは正社員としての就職を目指してみてはいかがでしょうか。

 

ニートから正社員への就職を検討している人は、ぜひ就職エージェントに相談してみてください。

下の画像をクリックしてお申し込みができます。

 

まとめ

さて、この記事では、ニート生活を送りながら自分で起業をする道を考えている人に向けて、ニートが起業することについてメリットとデメリットの観点から解説し、ニートが起業して成功するためのポイントをお話してきました。

 

もちろん、ニートから起業をすることが絶対に無理というわけではありませんが、起業を成功させたい人は、まずは一度正社員として働いてみることをおすすめします。

 

この記事を参考に、今後のお仕事について改めて考えてみてくださいね。