既卒、第二新卒、未経験から正社員に! プロの正社員就職サポートなら DYM就職

就職で不利になる?高卒と大卒の違いとは|高卒のメリット、デメリットを紹介します

就職のことを考える時に気になるのが、高卒であるか大卒であるかということです。

 

高卒か大卒かというのは大きな問題で、これからの人生を大きく左右することであると言っても過言ではないでしょう。

 

もちろんそれは就職においても重要視される点ですから、しっかりと向き合っていかなければいけません。高卒と大卒では、それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのかについて、詳しく考えていきましょう。

 

目次

高卒と大卒の違いについて

高卒と大卒では、学校を卒業してからの就職先や人生設計の仕方が異なる場合が多いです。

 

それぞれの特徴に合わせて、違った行動を起こさなければならないのです。高卒に求められるものと大卒に求められるものは違いますので、それぞれの違いを見ていきましょう。

 

履歴書

 

高卒の履歴書と大卒の履歴書は、最終学歴が違うため全く印象が変わります。

例えば大卒の人と高卒の人が同時に履歴書を出したとしたら、人事が面接で見るポイントはそれぞれ違ってくるでしょう。高卒の人はどのような思いを持って我が社を志望してきたのかを中心に見られ、大卒の人は大学でどのようなことを学んできたのか、ということを中心に見られるでしょう。

 

高卒の履歴書と大卒の履歴書は、違うポイントを意識して作成したほうが良いと考えられます。

 

就職活動

 

高卒の人の就職活動では、大卒の人の就職活動とは違った方法で企業へアプローチをする必要があります。

 

高いスキルや資格などよりも、熱意ややる気などの方が優先され好まれますから、そういったところを前面に押し出していくと良いでしょう。

 

一方で大卒の人は語学力や留学の経験など、さまざまなものが求められます。企業のニーズに応えられなければいけないということを自覚した就職活動を続けていくと良いでしょう。

 

生涯賃金

 

一つの傾向として、高卒の人よりも、大卒の人の方が多くの生涯賃金を得られる可能性が高いと言われています。

 

大卒の人の方が出世しやすく、出世すればした分だけ給与は上がりますし、更に大卒の人が就活に有利になる大手企業ならば給与が高いという底上げも加わっています。

 

生涯賃金の面においては、高卒の人が大卒の人を上回るのは少し難しいと考えた方が良いかもしれません

高卒と大卒で給与はぜんぜん違うの?給料の差をご紹介

初任給の違い

 

大卒の初任給が約20万円であるのに対して、高卒の初任給は約18万円です。

あまり変わりはないように思われるかもしれませんが、ここから税金や保険金を天引きされていくことを考えれば、この差はとても大きなものであると言えるでしょう。

 

また、スタートの賃金が低ければ昇給していっても手取りがあまり多くならなくなってしまう、ということも加味しておかなければなりません。

 

平均年収の違い

 

大卒の平均年収は約700万円であるのに対して、高卒の平均年収は約500万円です。

 

大きく差が開いてしまっているのは、途中で昇給があったかどうかというところが原因でしょう。高卒に比べて大卒の方が昇給しやすいため、必然的に年収が上がりやすくなっているのです。

出世コースに乗った人であれば、尚更昇給が望めますから、大卒の方が高卒よりも平均年収が高いのは自然なことと言えるでしょう。

高卒のメリットとは?

しかし、高卒で働くことによって、大卒では得られないメリットを得ることができます。

 

高卒で働き始めることは簡単なことではありませんし、覚悟がいることでもあります。ですが、それに見合うだけのメリットもしっかりと得られるのだということを覚えておいてください。

 

早くから社会経験が豊富になる

 

社会経験はできるだけ早いうちから積んでおいた方がいいでしょう。

学校を卒業したらもう大人として扱われるわけですから、社会に出て社会人としての振る舞い方を覚えておくべきです。

社会経験が豊富な方が、何か起きた時にどのように振る舞えばいいのか、といったとっさの判断ができるようになります。働いていれば社会人としての自覚も出てきますし、社会経験はかけがえのないものとなるでしょう。

 

10代からお金を稼げる

 

自分の力で若いうちからお金を稼げるというのは大きなメリットであると言えます。

 

自分の好きなように使えるお金を稼ぐことができるのは高卒で働くことの特権です。何よりも自立しているという実感を得ることができますし、それが日々のやる気へと繋がっていきます。お金を稼ぐというのは簡単なことではありませんから、早いうちからできるようになっておくべきでしょう。

 

大学費用がかからない

 

大学に行かないという選択をした場合、大学費用を負担する必要がないというのが大きなメリットのひとつです。

 

大学費用は諸経費を合わせれば年間100万円以上する場合もありますから、親に負担させてしまうことは心苦しい人もいるでしょう。また、奨学金を借りて入学したとしても、その返済には何年もかかってしまいますから、その先ずっと給与から差し引かれていくことになります。

高卒のデメリットとは?

高卒で働くことを選んだ場合には、デメリットもあるということを受け入れなければなりません。

 

高卒で働くことにはメリットもありますが、そればかりではないのです。もっとよく考えればよかった、と後悔しないように、デメリットについてもしっかりと考えておきましょう。

 

選べる職種が少なくなる

 

高卒は大卒に比べて選べる職種がグッと少なくなってしまいます。

 

大卒であることを求人の条件に挙げている企業が多く、高卒だというだけで、履歴書すら見てもらえないというケースがあることも現実です。

 

職種が選びにくくなってしまうことが耐えられなかったり、自分がどうしてもやりたい仕事があったりするのであれば、高卒で働くことが適しているかどうか改めて考えてみた方がいいでしょう。

 

生涯賃金が安くなる傾向にある

 

生涯賃金は高卒の方が大卒よりも低い傾向にあります。

この傾向を逆転させることは難しいでしょうし、多くの賃金を稼ぎたいのであればやはり高卒で働くことはリスクが高いと言えます。

会社に入社した時点で生涯賃金を決めるスタートを切っているようなものとも考えられます。ゴールまで走り切った時に多くのお金を手にするためには、やはり学歴はとても重要な意味を持っていると言えるでしょう。

 

学歴コンプレックスに悩む人も……

 

高卒であることにコンプレックスを抱えてしまうという人もいます。

 

せっかく働き始めても、本当にこれでよかったのだろうか、大学に行っている友人に対して、自分の方が下なのではないか、といった考えを持ってしまうのです。

 

本当はそのようなコンプレックスを持つ必要は全くないのですが、本人はどうしても学歴を気にしてしまうということも考えられます。その悩みから抜け出せず、強いストレスを感じてしまう人もいるのです。

 

大卒のメリットとは?

大卒で働くとなると、どのように働くかという点について、高卒と比べて人生の設計図を描いていく余裕ができます。

 

大卒の最も大きなメリットはその点にあると言っても過言ではないでしょう。では、具体的にどのようなメリットがあるのかについてご紹介していきます。

 

色々な職種を経験できる

 

大卒で職を探すと、高卒に比べてその職種の幅が一気に広くなります。

 

一般的な職種はもちろんのこと、専門的な職種にも挑戦することができるのです。ですから、高卒に比べて大卒の方が就活をしやすくなると言えるでしょう。

 

やりたい仕事が決まっていなくても、選択肢が多くあるため就活をしていく中で職種を探っていくことができます。大卒であればほぼ制限なく職種を経験できる可能性があるのです。

 

遊びや学業に専念できる

 

大卒では、何と言っても大学生活で遊んだり学んだりすることに夢中になる時間があるということが大きなメリットでしょう。

 

大学生活は「人生の夏休み」とも言われますよね。思い切り遊び、思い切り学んでください。やりたいことを全てできるのは大学生のうちだけですから、旅行に行ったりサークル活動をしたり、研究に打ち込んだりと思いつくことを全てやってみるのがいいでしょう。大学生活を楽しむことができるのが、大卒で働く人の特権であると言えます。

 

将来について考える時間が多い

 

大学生活を送っていると、将来自分がどのような道に進んでいくかについて考える時間を多くとることができます。

 

大学生活の中で刺激を得ることで、色々と思うことがあったり、さまざまな考えを持ったりすることがあるため、そこから人生設計を描けることもあります。大学生活は人生について考える時間として、とても重要なのです。

大卒のデメリットとは?

大卒で働くことも、メリットだらけというわけではありません。やりたいようにやって、それで全てうまくいくとは限らないのです。

 

大卒だからといって全てにアドバンテージがあるわけではありませんので、デメリットがあることもきちんと理解しておきましょう。デメリットを知っておくことで、「こんなはずではなかった」と思うことのないようにして下さい。

 

ダラダラしていると時間のムダになる

 

ダラダラと何となく日々を過ごしていると、せっかくの大学生活もムダに終わってしまいます。

何か目標を立てたり、計画を立てたりしないと大学生活の中で得られるものがなくなり、結局大卒で働くことを選んだ意味がないまま社会に出ることになってしまうでしょう。そうならないためにも一日一日を大切に過ごしていかなければなりません。

 

大学費用が負担になる

 

大学費用はかなり高いものです。これをどう捻出するかということは、家庭によって様々ですし、カナには奨学金を借りたりする人もいるでしょう。

 

しかし、いずれにせよ高い学費を払うことは簡単なことではありません。ですから、自分はその負担の上に立っているのだということを意識するようにしましょう。大学費用は天から降ってくるものではなく、誰かからの援助によって手に入れているものなのです。

 

社会人経験が少ない

 

社会人としての経験が少ない大卒者は、入社してから働きにくさを感じたり、社会での生きにくさを感じたりしやすい傾向にあります。

 

学生生活が長かった分、社会での振る舞い方がわからないというのが実情でしょう。実社会において自分が求められる立ち回りがどのようなものなのか、そういったことを掴むまでに時間がかかってしまうのです。

 

高卒だからといって落ち込むことはない

高卒が大卒に引け目を感じて、学歴にコンプレックスを感じる必要はありません。

 

働く上でそのようなことは関係ありませんし、高卒でも仕事をバリバリとこなしている人は大勢います。学歴に関係なく、誇りをもって仕事をしていきましょう。

 

高卒を積極採用する会社とは

 

高卒は伸び代があると判断して積極的に採用する会社も多くあります。

若い力を求めている会社の中には、高卒の若者を採用したがる所もあります。こういった会社には自分のやる気や熱意をアピールするといいでしょう。

自分がマッチすると思った会社にはどんどんアプローチをかけていくべきです。

 

就職すれば同じ会社の一員になる

 

高卒や大卒などと学歴で分けられていても、就職してしまえば結局は同じ会社の一員となるのです。

 

ですから、あまり枠にとらわれすぎる必要はありません。同じ会社で働く上で、「この人は高卒だから」「この人は大卒だから」などといった差別をしているような人はいないでしょう。

 

フルコミッションの会社に就職するのも一つの手!

 

フルコミッションとは、完全歩合制という意味です。

 

つまり、フルコミッションの会社に就職してしまえば高卒だからと言って賃金が安かったり、出世しづらかったりといったしがらみにとらわれることがなくなるのです。

 

フルコミッションの会社は最近増加してきていますので、賃金に関して悩みを抱えているのであれば一度検討してみるのもいいでしょう。

【まとめ】お互いにメリットを活かそう!

高卒でも大卒でも、それぞれメリットは必ずあります。

 

それをどう活かすかによって、自分の人生が変わっていくということを忘れないでください。

 

自分が持っている強みは何なのかについてしっかり向き合って、働くということを考えていきましょう。