既卒、第二新卒、未経験から正社員に! プロの正社員就職サポートなら DYM就職

フリーターの女性は結婚で不利にならない?就職することのメリットとは?

目次

フリーターの女性は就職した方が結婚する時・した後のメリットが大きいかも

フリーターの女性は、将来的な結婚を見据えた場合に不利になる点があります。もちろん目標を持っており、長期計画を立てた上で必要だからという「合理的なフリーター」であれば問題無い場合も多いでしょう。

 

しかし、特に目標も無いままフリーターを続けているのは、結婚を見据えた時の恩恵に大きな差が出てしまう可能性があります。また、ずっと独身でいる予定だから、結婚の予定がないから、という場合でも正社員のメリットは多くあります。

 

必ずしも正社員にこだわる必要はありませんが、フリーターと正社員双方のメリットを見極めた上で、流されるのではなく目標を持った「主体的な働き方の選択」をしたいですね。

女性がフリーターを続けるメリット

まずは、フリーターとして働くことのメリットについて見てみましょう。職種によって左右される部分もありますが、ここでは正社員との違いについてスポットをあてて、紹介していきます。

 

 

時間に縛られない

 

大きなメリットとしては、時間に縛られないという点が挙げられます。自分の裁量でシフト調整ができるので、休日の取得も融通が効きやすいという面があります。

 

シフト調整ができるということは趣味などの自分の時間を作りやすいため、プライベートの時間を大切にしたいという人の中には、就職するよりフリーターを続ける選択をする人もいるでしょう。

 

 

転勤がほぼない

基本的にはフリーターとして働いている人は、転勤の心配がほとんどありません。ただし、職種によっては転勤を辞令としてではなく、お願いできないか?という形で要請されることもあります。

 

ただ、正社員に比べて断ることも比較的容易にできることから、現在住んでいる場所から離れたくない、実家暮らしで転勤は避けたい、という人にはメリットが大きい部分です。

 

 

好きなことができる

フリーターとして働くメリットには、好きな職種に比較的低いハードルで就ける利点もあります。例えば人気の職種で、正社員としては競争率が高く就職できなかったとしても、フリーターとしてという形であれば就けるという場合もあるでしょう。

 

繁忙期などの一時的な人手不足の時にフリーターの力を借りたり、人件費削減のために非正規雇用者を一定割合受け入れたりしている企業もあります。

 

責任が重くない

フリーターであれば、責任が重くないというメリットがあります。責任ある仕事は基本的に正社員が行い、補助的役割としてフリーターに仕事が割り振られることが多い面があります。

 

逆に責任ある仕事を任せてもらうことがほとんど無いため、スキル・キャリアアップを求めるには不向きと言えるでしょう。

 

女性が正社員で就職するメリット

フリーターとして働くメリットに対して、ここでは正社員として働くメリットについて紹介していきます。フリーターから正社員への転身を考えている方は、比較検討の材料にしてくださいね。

 

給与が大幅に向上する

正社員になったばかりの頃の手取り額は、フリーターと比べて減ってしまう場合もありますが、長期的に見た場合厚生年金に加入できる、昇給があるなどの収入がアップしていく要素が多いというメリットがあります。

 

また、責任ある仕事を任されるようになっていけば、さらに給与に差が出てくることもあります。

 

ボーナスをもらうことができる

正社員は、年俸制でボーナスも込みになっている場合を除き、ボーナスが支給されるのでフリーターに比べてプラスαの収入が見込めます。(年に1~2回程度)

 

また、営業・企画開発などのより結果を求められる仕事で好成績を挙げれば、賞与が与えられる企業もあります。このように、収入を伸ばせる機会が多いというのも正社員のメリットとして挙げられます。

 

産休中も給与をもらうことができる

女性であれば、独身でいたいという場合を除き、将来的な結婚や出産について考えたことのある人も多いのではないでしょうか。

 

フリーターと違って、正社員で福利厚生の中に産休・育休の取得が認められている企業であれば、子育て中で休職中であっても給与を(出産育児一時金・育児休業給付金という形で)一定額受け取ることができます。

 

もしも、フリーターのまま結婚・出産した場合、仕事ができない期間は給与も発生しないため、このメリットは女性にとって大きいと言えるでしょう。

 

産後復帰時に保育園に入りやすい

正社員でフルタイム勤務の人の方が、復職時の保育園探しで加点がつく自治体もあり、優先的に預けられる可能性があります。

 

働き方改革として積極的な待機児童の解消が促されるようになってきていますが、どうしても子育て世帯の多い地域や保育園の少ない地域の場合、フリーターでは保育園に入れないという可能性も出てきます。

 

また、フリーターとしてどうしても復職したいという理由で、認可外保育施設やシッター制度を利用するとしても、公的補助が受けられず、認可保育園の数倍の費用を支払う必要が出てくることもあります。このような面からも、正社員として働くメリットが大きいと考えられます。

 

 

フリーターよりも責任のある役職につきやすい

正社員は、フリーターと比べて責任ある役職につきやすい点もメリットとして挙げられます。

 

責任ある役職というのは「部長」「課長」などの肩書に関してだけではなく、例えばプロジェクトのリーダーであったり、企業の営業担当として複数社任されたり、というポジションとしてのニュアンスも含まれます。

 

フリーターに比べて正社員が責任ある仕事を任される分、給与や賞与、福利厚生などの形で見返りを受けられるとも言えるでしょう。

 

 

社会的信用が高くなる

正社員として働いている人は、社会的な信用も高くなります。最も分かりやすい例としては、クレジットカードの審査が挙げられます。

 

クレジットカードの審査は、収入や貯蓄額などから判断されるため、同じように貯蓄0のフリーターと正社員で比較したとすると、安定的な収入がある正社員のほうが審査も通りやすい傾向にあります。

 

時短・パートとして復帰する場合に給与面で優遇されることも

もともと正社員として勤務していたが、結婚・出産を機に休職ではなく退職を選んだとしても、復職するときに給与面で優遇される可能性があります。

 

企業から見た利点として、「実務経験がある」、「正社員時代に取得したスキル・資格がある」などの長所があるからです。子育て中で、フルタイム勤務はできないが融通の効く形でパートとして働きたい、という場合でも通常のフリーターより時給が高く設定されることもあるでしょう。

フリーターは結婚に不利に働くかも……

正社員のメリットの項目でも多く挙げましたが、結婚・出産・子育てを視野に入れた場合、フリーターが不利になってしまう可能性があります。ここでは、フリーターとして働き続けた場合に考えられるデメリットの面について見てみましょう。

 

 

貯金が少ない可能性が高い

フリーターとして働くとしても、生活できるだけの収入を得ようとした場合、収入額によって住民税や所得税、国民年金保険料などの納付義務が発生します。

 

つまり、手元に入る収入が一見正社員よりも多く見えたとしても、差し引かれて支給される正社員と違い、後から自分で納付しなければなりません。フリーターはボーナスなどの賞与や有給休暇もなく、体調を崩して休む日数が増えた月は収入が減ってしまうなど、収入にムラができて安定した貯蓄ができない可能性が高いと考えられます。

 

社会的な信用が低い

 

正社員は社会的信用が高いと記述しましたが、フリーターが社会的な信用が低いというのはクレジットカードやローンの審査以外の場面にもあります。

 

例えば、結婚を前提としてパートナーの両親に挨拶に行く機会があったとして、社会人になってからずっとフリーターとして働いてきた人よりも、きちんと正社員として働いている人の方が認められやすい場合もあるでしょう。

 

もちろん一概には言えませんが、フリーターとして働いている場合は目標や事情があってフリーターを続けている、という「説明・理由付け」がきちんと伝えられるようにしておいた方がいいかもしれません。

 

 

だらしなく思われてしまうかも……

フリーターは時間の融通が効く分、職種によっては深夜のみであったり、毎日勤務時間がバラバラだったりして、生活リズムが整っていない人だとだらしない印象を与えてしまう場合があります。

 

その場合は、掃除・洗濯・料理などの仕事以外の家事で得意なことをアピールするなど、だらしない印象を払拭できる強みを持っているといいかもしれません。

フリーターから正社員になるための方法

ここまで紹介してきた点から、正社員を目指したいと考えた時、どのような方法で正社員になることができるのか気になるのではないでしょうか。ここでは、フリーターから正社員になるためにできる行動について紹介していきます。

 

 

友人・知人に企業を紹介してもらう

友人や知人の所属している企業で求人募集がある場合、紹介してもらうのも1つの方法として挙げられます。企業側としても求人広告などを出すコストがカットできるメリットがあり、紹介からの雇用を積極的に取り入れている場合もあります。

 

ただし、紹介主に迷惑がかからないように、責任やマナーを守って面接を受ける、就職後も働いていく必要があります。

 

 

正社員登用のある企業でフリーターからキャリアアップ

単純にフリーターとしてずっと働いていくのではなく、フリーターとして働く間に身についた経験やスキルを活かして、フリーターから正社員への登用を行っている企業も多くあります。

 

単純に全く触れたことのない企業に、未経験で就職活動を行うよりも正社員になりやすい傾向にあります。ただし、能力不足を感じている、別のやりがいのある仕事に就きたい、という場合は一から就職活動を行うのも選択肢として持っておくのもいいですね。

 

ハローワークに行く

ハローワークであれば、職業訓練を受けることができるところもあり、事前に学習してから正社員の就職活動を行うことができます。事務職など即戦力となる資格の取得を支援しているので、比較的スムーズに正社員として働く土台を作ることができます。

 

ただし、やはり職種によっては年齢制限や学歴で判断されることもあるので、まずはハローワークに実際に行ってみて、職員の方と直接話してみることをおすすめします。

 

転職エージェントに相談する

一番手軽で、かつ幅広い職種の求人を見られるのが、転職エージェントで相談する方法です。今までの経歴にマッチする企業の提案を受けられるだけでなく、全くの未経験でも募集を行っている企業も多くあります。

 

直接足を運ぶ必要がないというメリットもあり、気に入った企業の内覧や体験、採用面接に参加できる場合もあります。必ずしもすぐに就職をしない場合でも、様々な企業の募集を見ながら見合う資格の勉強をするなど、利点を活かした活用が可能です。

 

無料でエージェントに相談してみよう!

いきなりフリーターから正社員に転職を考えていても、自分ひとりでは不安に思う部分も多いのではないでしょうか。無料の転職エージェントを活用すれば、就活マナーや就職活動の進め方も具体的に相談したり、情報を入手したりできます。

全く正社員として働いた経験がなくても、今までのフリーターの経歴が活かせる企業が見つかるかもしれません。

 

>まとめ

フリーターとして女性が働き続ける上で、やはり結婚や出産を考えるとデメリットになってしまう面が多く見られました。

 

目標なくフリーターを続けるよりも、転職エージェントを活用して働きがいのある企業を探してみてはいかがでしょうか。