既卒、第二新卒、未経験から正社員に! プロの正社員就職サポートなら DYM就職

フリーターから営業職として正社員就職するには?

フリーターから正社員就職をされる方で、人気の職種のひとつとして営業職があげられます。今回は営業職の特徴や就職活動でアピールすべきポイントについて記載したいと思います。

 

まず営業職と聞いてイメージされるのは、ひたすら電話でアポイントを取るようなイメージや取引先に頭を下げているイメージ、もしかするとひたすら得意先の接待に明け暮れているようなイメージもあるかもしれません。

もちろん中にはそういった営業スタイルもあるかもしれませんが、すべての営業職がそういうわけではなく、また一口に営業職といっても様々な種類があります。また営業職はお客様からすれば取引先の顔であり、企業としても売上をつくる重要な職種ではないでしょうか。

 

そんな営業職ですが、具体的にはどういった種類や特徴があるのかを見ていきたいと思います。

営業職の種類・特徴

まず営業職には大きく分けて3つのカテゴリーがあります。①取引先との関係によるもの、②取引先の種類によるもの、③販売商材の種類によるもの、の3つです。

 

取引先との関係によるもの

取引先との関係とは、その取引先が新規顧客か既存顧客かという違いです。

新規顧客営業とは読んで字のごとく、新しいお客様に対する営業活動です。新規のお客様に製品やサービスをアピールしてアポイントを取得するところから始まり、受注数や成約数を増やして売上に貢献します。

他方、既存顧客への営業とは、いわゆるフォロー営業・ルート営業と言われるものです。製品やサービスを既に使っていただいているお客様に継続して使っていただくため、またはニーズを引き出し新製品やサービスの開発、別の製品やサービスの販売につなげる活動を行います。

 

取引先の種類によるもの

取引先の種類とは、その取引先が法人(企業)か個人かという違いです。

法人営業とは、株式会社や社団法人などの法人に対して行う営業であり、様々なものがあります。

他方、個人営業とは一般消費者に対して、製品やサービスをアピールして販売・提供する活動を行います。

みなさまの身近なところ、よく耳にするようなところだと、生命保険の営業職員や旅行代理店のカウンタースタッフ、百貨店の外商などがイメージしやすいのではないでしょうか。

 

販売商材の種類によるもの

販売商材の種類とは、その製品やサービスが有形商材(実体がある)か無形商材(実体がない)かという違いです。

有形商材とは、実体のある商材のことであり、前述の外商で営業されるような時計や着物などが当てはまります。また法人営業におけるコピー機の納品や建築の資材の営業なども有形商材営業と言えるでしょう。

他方、無形商材とは実体のない商材のことであり、前述の生命保険や旅行サービスなどが当てはまります。その他求人広告なども無形商材の代表と言えるでしょう。

 

では、フリーターから営業職に就職するためフリーターとしてアピールできることはどういったことがあるでしょうか。

営業職に就職するためにアピールできること

接客業でのアルバイトや派遣経験

フリーターの皆様の中には飲食店や販売店など接客業でアルバイトなどをした経験のある方もいらっしゃると思います。一見営業と接客業は違うように見えるかもしれませんが、お客様を相手にし、お客様に対して価値を提供するという意味では接客業も一種の営業活動と言えるでしょう。お客様のために活動したことがそのお客様のリピーター化につながった、迷っていたものを買ってもらったなどの経験があればよりアピ―ルできるポイントになるかもしれません。

 

好奇心をもって物事に取り組んだ経験

接客業やお客様商売の経験がない人も悲観することはありません。もう一つアピ―ルできるとすれば好奇心をもって物事に取り組んだ経験がよいのではないでしょうか。営業職では単に自分が販売・提供する製品やサービスのことを理解していればいいのではなく、他社の商材動向やお客様のニーズをつかむ力も必要になってきます。そのため何事に興味関心、好奇心をもって取り組む経験があれば、そこからお客様に対してよいものを提供するための理解を惜しまない姿勢がアピールできるのではないでしょうか。

営業職に就職するためには

フリーターから営業職への就職は、数ある職種の中でも王道の選択の一つだと思います。

お客様と接する職種であるため、これまでの経験からコミュニケーション能力や好奇心をアピールしていくことが営業職として就職するためには大事なことではないでしょうか。

また営業職はビジネスマンの基礎としてのスキルを学ぶこともできる職種だと思います。

ご自身のタイプに合わせて、最も適している営業職への就職を目指して頑張ってみてはいかがでしょうか。