既卒、第二新卒、未経験から正社員に! プロの正社員就職サポートなら DYM就職

フリーターから正社員へ通過率を上げる職務経歴書の書き方のポイント

昨今の就活では、必ずと言っていいほど書類選考が行われます。

企業によってはweb上で提出する場合もありますが、多くが履歴書や職務経歴書を企業に送付し、採用担当がチェックする流れです。

また、書類選考を通過し面接を行う際も、履歴書と職務経歴書に沿ったやりとりが行われますので、事前に提出するこの書類で如何にアピールできるかが非常に重要である事は間違いありません。

今回はフリーターという経験を踏まえた職務経歴書の書き方のポイントを紹介します。

職務経歴書とは

就活の経験が無くても、履歴書に対しては何となくイメージが湧くと思いますが、職務経歴書には馴染みがない人も多いのではないでしょうか。

 

・履歴書=年齢や学歴、職歴、資格、通勤エリア等、自身の情報を総合的にまとめる為のもの
・職務経歴書=自身が就いてきた仕事にフォーカスして、経験やスキルをよりアピールする為のもの

 

職務経歴書では履歴書に比べ、より細かい内容を記載することになるので、履歴書は端的に見やすく仕上げる等、この違いを把握した上でそれぞれの作成に取り組むのが良いでしょう。

 

職務経歴書で見られているポイント

採用担当が職務経歴書で読み取るポイントは、実務やプレゼンの能力があるかと、就業に向けての意欲を見ています。

一流企業から転職を目指していても、フリーターから正社員を目指していても、職務経歴書上では平等に、今までの自分の経歴で何を学んだか、またその経験を活かせる可能性を感じられるかどうかが評価されます。

決して「実績」や「成功例」が高印象な訳ではなく、そこで自分が何を学び次に生かしたかという「前進」をアピールすることが重要です。

 

職務経歴書を書く際のポイント

実際に職務経歴書を書く際に気をつける点は3つあります。

 

①短く端的に書く

アピールしたい気持ちが前のめりになりがちなので、不要な言い回しは無いか注意しましょう。

 

②履歴書と同じ内容を書かない

履歴書とは違い、職務経験に関してのアピールが求められる為、軸は同じでも自分の経験と成果に着目 される書き方をしましょう。

 

③志望企業の特徴との関連性を意識する

志望する企業、会社を研究し、具体的にどんな経験や成果がその会社に役立つかをイメージしながらま とめていきましょう。

 

職務要約

以前働いていたのはどのような会社で、パートやアルバイトという立場で、どういう業務を任され、どのような成果を挙げたか、今まで働いた経歴を要約してアピールする項目です。

目安としては、長くても5行以内にまとめるのが良いでしょう。

 

職歴

具体的にパート、アルバイトとして働いた会社や職種ごとに「社名」「業務内容」「成果」の項目で自分の職歴をまとめていきます。順番は時系列でも逆時系列でもどちらでもいいですが、アピールが目につき易い方を選択するのがオススメです。また、あくまでも自己アピールの場であって、年表では無いので自分の裁量で省略しても構いません。この項目でのポイントは2つあります。

 

①何を目標に据え、どう実行し、結果どのようになったかを軸にする

 

②数字を使って具体性を持たせる

 

以上を意識するといいでしょう。

 

スキルや資格

志望する会社に合わせて自分の資格、スキルをまとめる項目ですが、自分は当たり前にできることでも、客観的に見れば特別なスキルである場合も大いにある為、今一度フラットな状態で、自分は元々何ができて、フリーターという経験から何がプラスされたのかを振り返ってみましょう。

 

自己PR

ここで意識するべきポイントは、履歴書との差別化です。履歴書でも志望動機やPRの欄を記入しますが、職務経歴書でも同じ内容を書くのはNGです。

ここまで自分の経歴をまとめた最後の項目なので、より踏み込んで、自分のどの経験やスキルが志望する会社のどういう点で生きてくるのかを具体性を持って端的にまとめましょう。

控え目になる必要はありません。感情論を除いた自画自賛と捉えるくらいが丁度良いです。

 

上記で紹介したように、フリーターであっても、有名大学の出身であっても、そこで何を学んだかをアピールできるかが合否を別ちます。ぜひ参考にしていただき、それが皆さんの就活の手助けになれば幸いです。